診療科・部門イメージ

診療科目

小児科

当センターの小児科では、茨城県の障害児医療の拠点を目指し、多くの疾患を対象にしています。一般小児外来に加え、ダウン症などの先天異常、新生児仮死などに伴う脳性まひ、心機能障害、言葉の遅れ、運動の遅れ、育児不安、発達障害などが対象です。

大学病院、こども病院など急性期病院、または、お近くの先生からの紹介状をお持ちいただくと経過がわかり速やかに対応できます。

またリハビリをご希望の場合、当センターのリハビリテーション部が担当いたします。

育児不安、介護不安などを持たれるご家族に対しては、レスパイト・ケアルーム「ひばり」で充分な時間をとり、専門的に看護師、臨床心理士などが対応いたします。

小児神経科

小児神経科は、小児科の中でも小児神経を専門としています。てんかん、脳障害、発達障害、神経筋疾患、染色体異常、遺伝病などの診断や治療、指導を行っています。特別児童扶養手当や身体障害者診断書、自立支援医療診断書、年金の診断書にも対応するとともに、学校や保育所、幼稚園との連携をとりながら指導しています。

精神科(発達障害外来)

精神科では、こどもから大人までを対象に、注意欠如・多動障害(ADHD)、自閉症スペクトラム障害、知的能力障害、チック障害、学習障害などの発達障害と、それに併発しやすい双極性障害、抑うつ障害、不安障害、強迫性障害、解離性障害、睡眠障害、てんかんなどの診療を行っています。

また医師と臨床心理士が協働して治療する心理カウンセリング、心理療育、心理療法を実施しています。精神科医師またはリハビリテーション部臨床心理療法科までお問い合わせください。

内科

発達障害、運動障害、知的障害などの障害のある成人を主な対象とし、内科疾患を診療しています。

内科は臓器別に専門化して診療する医療機関が多いですが、当センターでは「総合診療科」として、基礎疾患を持つ患者のケアのため、小児科、外科、整形外科、精神科などの診療科や地域の基幹病院、開業医の先生との協力関係のもとに診療をおこなっています。

外科・小児外科

小児外科では、さまざまな障害児(者)の QOL(quality of life)の向上を目的に、患者様とご家族に寄り添った外科診療を心掛けております。年齢制限はございません。

  1. 経口摂取困難、咽頭喉頭機能低下(誤嚥)、嘔吐(胃食道逆流症GERD、消化管通過障害)、呼吸障害などに悩まれている方に、消化管造影、嚥下造影、CT、食道内pHモニタリング、喉頭・気管気管支ファイバースコピーなどの検査を行い、胃瘻造設術、噴門形成術(逆流防止手術)、胃空腸バイパス手術、気管切開、喉頭気管分離術(誤嚥防止手術)、腕頭動脈切離術など適切な手術を提案します。
  2. 気管切開や胃瘻などの管理と在宅ケア指導を行います。
  3. 二分脊椎・脊髄髄膜瘤などの脊髄神経損傷による排尿障害・排便障害のケアと治療を行います。
  4. 先天性喘鳴の診断と治療、気切抜去困難の診断と治療を行います。
  5. 過去に小児外科で手術を受けられ晩期障害でお悩みの方、小児悪性固形腫瘍の治療を受けられ成長した患者様本人への説明などでお悩みの方、これから小児外科治療を受ける方のセカンドオピニオンなどにも対応します。
  6. 障害のないお子様の一般小児外科診療、成人の方の一般外科外来診療も可能ですので、お気軽にご相談ください。(なお当面の間、全身麻酔下手術は県立こども病院にご紹介させていただく場合がございます)

整形外科

整形外科では主に小児の運動機能の問題に対応します。脳性麻痺や脳炎後遺症、脳外傷後など中枢神経の障害に起因するつま先立ちや歩行の異常、股関節脱臼や脊柱の側弯変形などとともに、発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)、先天性内反足、筋性斜頚、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、脊柱側弯症、O脚など広く小児の整形外科疾患の診察や治療を行っています。

治療として、外来では装具療法やリハビリ、麻痺による変形に対してのボツリヌス毒素治療などを行い、入院しての集中訓練や全身麻酔での手術治療も行っています。学童で長期入院が必要な場合は隣接の水戸特別支援学校に通学しながら治療を行うことも可能です。

初めて当科を受診される場合は電話での予約をお願いします。他院受診歴のある方は医療情報提供書とレントゲンなどの画像のコピーなどを持参いただけるとありがたいです。

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、車いすや座位保持装置等を新しく作成する方や修理が必要な方にチェアクリニック(ご本人・ご家族の希望をお聴きしながら、どのようなものを作成するのが良いのか診察)を実施しています。リハビリテーション医の処方により、セラピストや業者が検討し、作成に向けて調整をしていきます。納品の際には、処方に基づいて作成されているかなど、医師が適合判断をいたします。

歯科

当センターの歯科は、知的障害児(者)や身体障害児(者)の皆様をはじめに、一般歯科では歯科医療が困難な方など、通常の歯科治療を受けることが難しい患者様でも、専門スタッフがしっかりサポートいたしますので、安心して治療を受けられます。

ご理解いただける患者様であれば一般の方も可能ですが、当面の間初診予約を控えさせていただいております。
詳細は外来歯科予約についてのお願い(PDFファイル)をご覧ください。



このページの一番上へ