診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門  >  看護部

看護部

山元照美部長

看護部スタッフは、当センターをご利用されるみなさまが、お一人おひとり、どのようなかたなのか理解に努め、各々の病気や障害からどのようなケアや支援を必要としているのかを大切にしています。まずはそれらを踏まえつつ、発達過程を重視したステージに適した看護を提供しています。
具体的には病気や障害の過程に応じたユニットの利用をはじめ、短期入所・日中一時支援・特別支援学校との連携支援など、豊かなアメニティを活かした療育支援に積極的に取り組んでおります。
愛正会の看護には、ご利用者のみなさま中心の幸福を追求するという福祉的な意味が込められています。そのためにご利用者のみなさまとご家族が安心できる、安全な医療と福祉の提供を主眼に置いており、多職種によって編成された医療と福祉のチームが一丸となり、ご利用者みなさまのニーズに寄り添い、状態に応じたケアやリハビリテーションの実践を通して、みなさまの生活と人生の質向上を目標に取り組んでいます。

林 和功 看護部長

看護部の理念

私たちは、患者さんひとりひとりを尊重し、真心をこめて、人間性豊かな看護サービスを提供します。

看護部の基本方針

  • 私たちは、患者・家族のライフスタイルに応じたニーズを理解し、生活の質の向上を目指し真心で看護を提供します。
  • 私たちは、県医療・福祉政策に沿った医療、県内外の皆様の期待に応えた入院から退院後も連携した在宅医療に貢献します。
  • 私たちは、看護職としての倫理観をもち看護外来、レスパイト・ケア部門等の充実を図り、家族と共に成長します。
  • 私たちは、安全で安楽な看護を提供するために専門職として、自らの成長を目指します。
  • 私たちは、信頼・安全・創造を下に他部門と協働して、チーム医療に展開します。

看護

看護体制と方式

一般病棟(3ユニット)は35~56床を1看護単位として、10対1入院基本料の施設基準で看護師及び生活支援者を配置しています。プライマリーナーシング(※1)の理念を目標として、受け持ち制を基本に固定チーム制、機能別を組み合わせた体制を取っています。フォーカスチャーティング看護記録(※2)や看護部独自の看護問題標準看護計画を取り入れ、患者中心の看護を行っています。
また、電子カルテや看護業務システムを活用しベッドサイドケアの充実を図っています。

看護

※1 プライマリーナーシング
受持看護師制。担当看護師(プライマリーナース)が担当する患者を一貫して受け持つ看護方式。
※2 フォーカスチャーティング
患者の経過記録を出来事に焦点を当て、系統的に記述する看護記録方式。

診療科目
診療科目
医師紹介
医師紹介
看護部
看護部
リハビリテーション部
リハビリテーション部
診療協力部
診療協力部
地域療育支援室
地域療育支援室

採用情報

レスパイト・ケアルーム「ひばり」

障害児通所支援事業所「チェリタン」

社会福祉法人 愛正会 愛正会記念 茨城福祉医療センター外観

社会福祉法人 愛正会
愛正会記念 茨城福祉医療センター
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町1872-1
■電話予約・変更 受付時間
平日 14:30~16:30
TEL:029-353-7171
■受付時間(平日のみ)
8:30~11:00 12:30~16:00
TEL:029-353-7171
※歯科のみ 8:30~16:30
 【歯科直通】029-353-7718
■休診・休業日
外来診療 土・日・祝日
歯科診療 木・土・日・祝日
12月31日~1月3日

ページの先頭へ